「PARSEC」小銭入れ(樹革・ワンランク上・BLACK EBONY 本黒檀・LACQUERED 金蒔絵)  

「PARSEC」小銭入れ(樹革・ワンランク上・BLACK EBONY 本黒檀・LACQUERED 金蒔絵)  
¥ 8,748
木素材は暖かく柔軟で強く、誰でも持つべき小銭入れでしょう。

樹革の綺麗な模様全て天然木材から作られました。よく見れば、樹革独特な柄がわかります。使うたびに、木材だけの優しい手触りも感じます。堅いだが柔軟で靱性がある樹革は製作するときは非常に難しいです。私だちは伝統的な工芸技法とオリジナルな技法を活用し、やっと完璧な樹革は仕上げられました。

本製品は、天然の木材を使用しているため、お届けした商品の木目・形状・色味がサイト上の画像と若干異なる場合がありますので、ご了承した上でご購入ください。全て手作業で制作しているため、大量製造もできません、制作される点数に限りがあります。注文から納品まで時間かかる場合もあります。

樹革は、台湾の有名なデザイナー徐秒氏が、開発した最新素材です。厳選された天然樹木と革を組み合わせ、木の部分が割れないように、すき間に特殊なものを入れ、作成された作品です。発想から、デザイン、スケ-チ、型作り、製作完成まで、すべては、徐秒氏が一々手作りでこなしていました。
発想から作品完成まで、半年以上、かかったこともあります。樹革製法は、すでに、台湾で特許を取得済です。

台湾の総理官邸は、お土産として外国の賓客に贈送するため、毎年、台湾各地から、様々な工芸品から選別しておりますが、2017年6月、「Parsec」の「樹革小銭いれ」は、2017年度、代表的な台湾工芸品として、選ばれました。一流の台湾職人を代表する、1つ1つ丁寧な仕事により、感性豊かに仕上げられた魂を持つ作品を、外国の賓客に伝えようとします。


小銭入れはその性質上、一番身近にあっていつも持ち歩くものなので、自分の好みに選びましょう。樹革は5種類あり、ワンランク上の金蒔絵付きのもあり、合計6種類選べます。自然が生み出す濃淡が美しい、5つの木はどれも魅力的です。

金蒔絵は漆器に漆を使い金の粉や箔を蒔いて固着させる技法です。漆芸の技法の一つで特に豪華な美しさで知られています。

本金蒔絵という名の由来は、江戸時代の大名道具にも通じる技術と手間隙がかかっているという意味が込められているとも言われています。金蒔絵を施したものは、高級感があり好評いただいております。

【漆器の技術「金蒔絵」を樹革に用いた金蒔絵の小銭入り】


木材:BLACK EBONY 本黒檀
サイズ:62 x 80 x 25 mm
重量:40g
Made in Taiwan

本黒檀(ホンコクタン)/Black ebony(ブラックエボニー)/カキノキ科
高級木材、唐木の代表格「黒檀」は材の色が黒いほど稀少で価値があるとされてきました。中でも全体が漆黒で覆われる程、真っ黒な黒檀を特別に『本黒檀』と呼び、一般に黒檀と呼ばれる茶色い縞の「縞黒檀」よりはるかに高値で取引されています。近年入手の難しくなった木材の一つで高級ギターの指板以外ではお目にかかれなくなってしまいました。
【主な用途】高級楽器用材・高級ギターの指板

注意:直射日光、火気、多湿、乾燥、高温になる場所は避けてください。
※画像は参考画像ですので、実物とは相違があることをご理解ください。
※天然木材を使用しておりますので1点ずつ木目は異なります。イメージ違いによる返品、交換は受けかねますので予めご了承下さい。
※裁断から縫製まで全て手作業で制作しておりますので制作時での小傷等ある場合がございます。
※その他ご不明な点もお気軽にお問い合わせ下さい。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 小型便

    梱包サイズと重量によって、発送方法決める(レターパック、宅急便、DM便など)

    全国一律 700円

ショップの評価

通報する

関連商品